News ニュース

SARTO札幌オーダー会

new — tass @ 2013年9月20日7:03 PM

sarto_order_fair

 

SARTO札幌店の鎌田です。

DE MELLA、CANPLIN、MARTIN’Sのオーダー会にお越しいただきましたお客様、ありがとうございました。
商品の出来上がりを今暫らくお待ちください。

さて、次のオーダー会は今秋冬物です。
東京より代表の檀を迎え、9月20日(金)から9月25日(水)までセッテ・フィーリ カシミアのニットとアレッサンドロ・ゲラルディのシャツをご紹介します。

Settefili Cashmere / セッテフィーリ カシミア
settefili_13_09.jpg
セッテフィーリ カシミアは2009年、ミケーレ・パリエーロがイタリアはフェラーラにて従業員7人と共にスタートした小さいな工房がスタート地点です。
そこでは最高級のイタリアンニットが、熟練の職人や稀有なスイス製ヴィンテージ編立機によって生み出されています。
まだ歴史の浅いブランドですが、長くファッションエージェント業に携わっていたミケーレはモノ作りにかける情熱と感度の高い審美眼を持っており、それは「良い商品を適正価格で提供したい」というブランドの基本理念の支えです。

使う素材はカシミアを中心とした厳選の上等品ばかり。
原糸のセレクトから製品の仕上げ加工まで、いわゆるニットウェアの上流から下流まで全てをコントロールしクオリティに妥協を許しません。

真夏の陽光下の空や海や花々のような美しい彩色。それらに雨を降らせた情景を思わせるシックなヴェールを纏ったスモーキーカラー。
イタリア独特の色彩感覚が表現されたセッテフィーリのカシミアウェアは、ニット製品の白眉です。

ALESSANDRO GHERARDI / アレッサンドロ・ゲラルディ
gherardi_13_09.jpg
男にとって第二の皮膚であるシャツ。
アレッサンドロ・ゲラルディのそれは優れたフィッティングと上質な素材を持ち合わせます。

たるみ・つっぱりも無くきっちり上着へ収まり、カッティングの妙で運動性も十分。
一旦着てしまえばその存在を忘れてしまうほどの、自然な着用感はまさしく皮膚同然。
ブランドの始まりは、1970年代にアレッツォのピエーヴェ・サント・ステファノ州に、アレッサンドロ・ゲラルディ氏によって創設されたシャツファクトリー。

成功したイタリアブランドの多くに見られるように、アレッサンドロ・ゲラルディもまた結束が強いファミリー企業です。
氏の息子二人、兄弟そしてその子供を中心にしたビジネスは、コングロマリット化した企業には無い”継続性”という、いわゆる老舗会社の強みがあります。
伊・仏の超有名ブランドのOEMも手がけるところからも、その品質とファッション性への評価は高い。

また近年はミラノにショールームを構え、オーダーメイド部門にも力を注ぎ、より高度な要求にも応えられる体制を整えました。
日本向けの商品はネックサイズと身頃サイズを日本人体型に合わせており、素晴らしいフィット感と絶妙な襟の収まりは着道楽の玄人筋も思わず膝を
打つ出来映えです。普段は上着に隠れていて、決してメインアイテムではないシャツではありますが、ここへ心を砕くことができる洒落者へお勧めのブランドになります。

イタリアの伝統と芸術的センスを併せ持つコレクションをどうぞお楽しみください。
尚、今回開催のオーダー会はいずれも札幌では入手困難な商品です。
是非、この機会に触れてお試しください。
オーダー会はアポイント制になっておりますので、興味のある方はどうぞお電話ください。

担当:鎌田・阿知良(アチラ)

SARTO札幌店
住所:〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西11丁目327番7号1階
TEL:011-231-1704
FAX:011-231-1705
営業時間:11:00~19:30(年中無休)

0 Comments

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

  • ホーム
  • 会社概要
  • 取引先一覧
  • お問い合わせ
  • 採用情報